Sustainability / ESG Information

サステナビリティ / ESG情報

サステナビリティに対する考え方と推進体制

サステナビリティに対する考え方

応用地質グループは、経営理念として、「人と自然の調和を図るとともに、安全と安心を技術で支え、社業の発展を通じて社会に貢献する」を掲げて、事業活動、組織活動を行っています。

当社グループが展開する4つの事業セグメント(インフラ・メンテナンス事業、防災・減災事業、環境事業、資源・エネルギー事業)のすべてが、サステナビリティに深く関わっており、事業活動を通じてお客様にソリューションを提供することが、持続可能な社会の形成に貢献し、企業価値を高めることになります。

また、企業行動規範【誇り/PRIDE】には、「地球科学の未知なる課題に挑戦し、持続可能な社会を実現させるための技術を進化させ、謙虚な態度で環境に向き合い、人に誠実な対応で安全安心を与え、多様性を尊重して、未来のために行動します」と明記しており、グループ全社員にその実践を促しています。

当社グループは、サステナブル経営(ESG経営とSDGsの目標達成への貢献)を基本方針に据えて、本業を通じて3つの価値(社会価値、環境価値、顧客価値)の最大化を目指し、サステナビリティと事業の融合をさらに進めて、社会課題の解決に取り組んでいきます。

サステナビリティの推進体制

  • サステナビリティ推進委員会を新たに設置して活動を行います。推進委員会では、気候変動に対する取り組み(TCFD対応を含む)など、当社グループのサステナビリティへの取り組みに関する方針や施策の検討、ESGに関するリスク管理等の討議を行い、年に2回以上の頻度で取締役会へ報告します。
  • 推進委員会の委員長は、担当役員(経営企画本部長)が担い、サステナビリティ推進部が中心となって事務局を構成し、当社グループのサステナビリティ推進を一元的に担います。
  • 取締役会は、サステナビリティ委員会で議論された重要事項の報告を定期的に受け、サステナビリティに関する事項の監督を行います。

サステナビリティ推進委員会、サステナビリティ推進部の主な役割は、下表のとおりです。

サステナビリティ
推進委員会
  • 応用地質グループのサステナビリティへの取り組みに関する方針の決定、課題の抽出、具体的施策の検討等を行う。年2回以上の頻度で、取締役会へ報告する。
  • ESG経営に関する施策(リスク管理やTCFDのシナリオ分析等)を検討し、推進する。
  • SDGs目標設定の内容妥当性を検討するとともに、目標に対する進捗状況(KPIなど)の確認を行う。また、取り組みに対する課題を抽出し、今後の対応方針などを検討してPDCAサイクルを回す。
サステナビリティ
推進部
  • サステナビリティ推進委員会の事務局を担い、サステナビリティに関する施策を立案し、グループ会社を含めて推進する。
  • SDGs、ESG経営などサステナビリティへの取り組みに関するモニタリング項目を関係部署と調整し、収集・整理を行う。
  • SDGsへの先進的な取り組みや好事例を、グループ各社、各事業所に水平展開し、取り組みの継続性を確保する。
  • SDGsに対する社員の意識付けや教育研修を実施し、社員の意識醸成を図る。
  • 取り組み状況を、情報開示(統合報告書などへの記載)していく。

ESGへの取り組み

私たちは、組織の適切な意思決定の下で、事業活動を行う国・地域の法令を順守し、法令の精神と人権及び文化・慣習・歴史を尊重し、倫理観と良識を持って誠実で地球環境に配慮した事業活動を行うことで、社会にとって有益な存在であり続けます。

私たちは、透明で公正な社内外のコミュニケーションを通じてステークホルダーを意識した経営を行います。

Environment

環境保全

自社の事業活動に伴う環境負荷を軽減するとともに、独創的で優れた技術を追求し、製品又はサービスをお客様に提供することで、地球環境の保全に貢献します。

Social

社会

地球科学分野の専門知識を活かして、地域社会と良好な関係を構築するとともにその維持に努め、安全で安心な環境づくりを支援します。また、従業員の社会貢献活動を奨励します。

Governance

コーポレート・ガバナンス

公正な商取引により製品又はサービスの提供を行い、行政府諸機関・取引先等との誠実かつ公正な関係を維持します。