Top Message

トップメッセージ

安全・安心で持続可能な社会の実現に向けて、
地球科学に関わる分野でさまざまな課題を
解決していきます。

代表取締役社長成田 賢

わが国で、地震、火山、土砂崩れ、洪水などの自然災害が多く発生しています。このような中で、戦後の高度成長期に急速に整備された社会インフラの老朽化が進み、その保全や更新が不可欠となってきました。さらに多発する自然災害にも十分に備えていかなければなりません。

一方、視野を拡げると、閉鎖系の地球環境の中では、地球温暖化に伴う集中豪雨や砂漠化などが地球上の各地で発生しています。このため、わが国だけではなく、世界各国において、災害に対する防災・減災対策、人口増に伴う環境問題、資源・エネルギー問題など、解決すべき課題が山積みとなっています。

私たち応用地質と応用地質グループは、地質学、地球物理学、土質力学、土木工学、水理学、環境工学、生態学など、地球科学全般についての幅広い知識と豊富な経験を持つ専門技術者集団です。その専門知識と技術を駆使して、大地や地下水の性質、自然現象や災害現象実態などの実態や特性を調べ、さらに事業や社会への影響を予測・評価し、地球科学に関するさまざまな課題解決に向けて、最適な提案をしてまいります。

そして、将来にわたって安全で安心な社会、持続可能な社会の構築のために貢献していくことが、私たちの使命であると考えています。

代表取締役社長成田 賢