洋上風力発電支援サービス

2050年カーボンニュートラルの切り札

国は2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」を目指すと宣言しています。その実行計画として再生可能エネルギーを最大限導入するとしており、中でも切り札として挙げているのが洋上風力発電です。
洋上風力発電では、海底に設置する風車の基礎設計や発電所のレイアウトデザインを検討するため、建設海域の海底地盤調査を行う必要があります。当社では、今後急速な拡大が予想されている洋上風力発電市場にむけて、効率的な海底地盤調査のための独自技術の開発や市場ニーズに対応するためのアライアンス形成などを積極的に進めています。

 

洋上風力発電事業における当社の強み

効率的な海底地質調査技術の開発

1.海底逆PS検層(掘削振動応答式PS検層)

CPT・ボーリング掘削・標準貫入試験等で発生する振動を利用し、海底面に設置した地震計で収録・地盤のS波速度構造を解析します。
気象条件の厳しい洋上地質調査に最適化した、コスト効率の良い調査法です。

2.海底微動アレイ探査法

波浪等の自然振動を利用し、地震基盤からの地盤のS波速度構造を解析・取得します。SEPや櫓など大型固定設備が不要で、気象条件の厳しい洋上地質調査に最適化した調査法です。

3.パーカッション搭載型CPTシステム OGS-CPT

・通常のCPT(コーン貫入試験機)では調査不可能な硬質地盤でも適用可
・ボーリング調査に比べて低コストであり、不貫入部分の試料採取も可能です。

 

業界最多数の海底地質調査用足場(鋼製櫓)を保有

洋上風力発電の市場活性化に伴い、海上地質調査のための専用の足場設備が市場で大きく不足し、プロジェクトの進捗が遅れるなどの課題があります。当社では2018年より10基の鋼製櫓を新たに建造し、これら市場ニーズの高まりに対応しています。

 

海底三次元地盤モデルの提供

既存資料や海底地形・地質調査をもとに、事業海域の高精度な三次元地盤モデルを作成します。設計の経済性や地盤リスクの検討に資することから、多くのお客様より好評をいただいています。

 

国内洋上風力発電事業の普及貢献をめざし、アライアンスも推進

当社では20211月に、日本郵船株式会社(以下日本郵船)と、オランダに本社を置く Fugro N.V.傘下の Fugro Singapore Marine PteLtd および株式会社フグロジャパン(以下Fugro)と、洋上風力発電設備向け海底地盤調査サービスの国内展開について覚書を締結しました。

SPT調査[1] を含む地盤調査全般において強みを持つ当社と、自航式 CPT[2] 調査船の共同運航および CPT 調査サ-ビスで提携関係にある日本郵船およびFugroとが協力することで、洋上風力発電における広域なエリアでの海底地盤調査において、SPT 調査と CPT 調査の理想的な補完関係を実現することができます。

詳しくは以下のプレスリリースをご覧ください。


[1]  SPT(標準貫入試験:Standard Penetration Test
地質調査で行われる最も一般的な試験の1つで、掘削機械を用いて掘った孔を利用して、地盤の硬さや強度を調べるとともに、土質の性状判定のための試料採取を行う。
[2] CPT(コーン貫入試験:Cone Penetration Test
先端の尖った円錐状のコーンを機械により地盤に押込み、コーン内部のセンサにより地盤の硬さなどを調べる調査法

https://www.oyo.co.jp/oyocms_hq/wp-content/uploads/2021/01/20210126_news-release_oyo_a.pdf

このページのサービスに関するお問い合わせは下記までお願いします。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせも受け付けております。
営業時間 9:00~17:00 (土日祝日除く)

応用地質株式会社 エネルギー事業部
048-882-5374
048-886-9680