ENTRY

RECRUIT採⽤情報

※本記載事項は、当社単体の情報となります。

応募資格
2022年3月に高専・大学・大学院を卒業見込みの方、または既卒で2019年3月~2021年3月に学部を卒業の方および2021年3月に修士を修了の方
採用職種
総合職
技術職  営業職  事務職  企画職
※いずれの職種も学生時代の専攻にはこだわりません。
専門分野については、「事業部紹介」を参照し、活かしたい事業分野・職種にエントリーしてください。
採用数
2022年度新卒一括採用予定 40名程度
※過去実績  2017年(34名)、2018年(45名)、2019年(39名)、
2020年(31名)、2021年(55名予定)
勤務地
東京、さいたま、つくば、他 全国40箇所
(本社、エネルギー事業部、情報システム事業部、地球環境事業部、メンテナンス事業部、社会インフラ事業部、流域・砂防事業部、地震防災事業部、計測システム事業部)
給 与
高専卒 初任給月給 205,000円
学部卒 初任給月給 228,000円
修士了 初任給月給 243,000円
博士了 初任給月給 258,000円
別途勤務地による加算制度があります。
賞 与
年2回
昇 給
年1回
勤務条件
勤務時間:9:00~17:00(休憩12:00~13:00)
年間休日:120日(2020年度)
週休2日制(土、日)、国民の祝日、創立記念日(5月2日)、年末年始休暇(12月30日から1月4日)
有給休暇:初年度10日、勤続年数に応じて加算し上限20日
その他:慶弔休暇、永年勤続休暇、積立保存休暇制度など
福利厚生
各種社会保険・労働保険完備、自己啓発支援制度、従業員持株会、借り上げ社宅、財形貯蓄制度、グループ保険、退職金・年金制度など
教育、研修制度
階層別研修(新入社員研修など)、新入社員フォロー、職能別研修(技術研修、 営業研修、事務研修、技術士取得指導など)、事業分野ごとの研究発表会、社内技術発表会、OJT(専任指導員制度など)
採用実績
<理系の採用実績>
理系:地質学、土木工学、建設工学、建設環境工学、地球物理学、社会基盤工学、森林学、耐震工学、都市環境工学、資源工学、環境科学、地球環境科学、化学、地域生態システム学、環境システム工学、園芸学、農学、農業土木学、地球情報数理科学、電気電子工学、機械工学、情報工学、精密機械工学、システム情報工学、その他の理学工学全般

<文系の採用実績>
経済学、経営学、政治学、商学、会計学、法学、人間科学、教育学、地学、心理学、文学、人文学、国際文化学、観光学、外国語学、その他の社会科学全般

MESSAGE人事部からのメッセージ

「地質工学の創造」を掲げ、1957年に創業した当社は地質工学を社会に役立てるため、土木工学と地質学の境界領域を開拓し、総合的なコンサルタントを目指して活動を開始。以来、日本の国土開発、国土保全はもちろんのこと、世界でもトップレベルの技術を駆使した国際的な活動にも注力しています。

当社の仕事は、たとえるならば“地球のお医者さん”。多様な保有技術や蓄積したノウハウを活かし、地球に発生するさまざまな課題に対し、診察や検査(調査)を行い、診断書(レポート)を書き、さらに予防のための処方箋(提案・アドバイス)を発行。その後も、経過観察(アフターフォロー)を通した新たな課題への取り組みというサイクルで、コンサルティングサービスを提供しています。

そんな当社では“人”がすべての礎と考え、教育・研修に力を注いでいます。キャリアパスを明確にし、各段階での人材像、コンピテンシーを分かりやすく明示。パスごとの階層別研修や専門職研修など充実のカリキュラム、「技術士」などの資格取得の奨励、自己申告制度など、一人ひとりの人材を大切に育成します。また新入社員には専任指導員がつき、1年間親身になって指導します。学生時代はしっかりと自分の研究をし、向上心をもって新技術を学習。協調性と柔軟性を発揮し、“地球のお医者さん”として活躍してください。

経営企画本部 人事企画部 採用担当