KV Image
OYO2019 OYO2019 3D for Innovations 3D for Innovations
Calendar Icon

1010日(木)

10:00〜17:00

>

11日(金)

10:00〜17:00

Location Icon

秋葉原UDX 4F

東京都千代田区外神田4丁目14-1

Warning Icon

4階のOYOフェア受付にお越しください

当日は名刺を2枚お持ちください

入場無料

粗品進呈

OYO2019 OYO2019

自然災害の激甚化·頻発化、インフラの老朽化、少子高齢化、資源·エネルギー問題···。
私たちの社会は今、実に様々な課題を抱えています。
三次元化技術は、これら課題の解決をめざし、シビルエンジニアリングの革新を支えるとともに、
特定の業界やサービスの枠を越えて、オープンイノベーションの機会を創出します。
OYOフェア2019で、是非、
地盤のサイバーフィジカルの最前線を体験するとともに、
新しい価値や市場創造の可能性に触れてみてください。

自然災害の激甚化·頻発化、インフラの老朽化、少子高齢化、資源·エネルギー問題···。
私たちの社会は今、実に様々な課題を抱えています。


三次元化技術は、これら課題の解決をめざし、シビルエンジニアリングの革新を支えるとともに、特定の業界やサービスの枠を越えて、オープンイノベーションの機会を創出します。


OYOフェア2019で、是非、
地盤のサイバーフィジカルの最前線を体験するとともに、新しい価値や市場創造の可能性に触れてみてください。

CONTENTS

展示内容

OYOフェアでは毎年、数多くのパネルや機器、システム実機などの展示を行なっています。
今年は、当社グループの4つの事業セグメント別に、いまの社会課題に対応する様々な提案やソリューションをご用意しています。
ここではそのほんの一部をご紹介します。

SEMINAR

OYOフェア2019セミナー

OYOフェア2019では各界をリードする企業・団体のキーマンを講師としてお迎えし、最新動向や今後の展望について解説いただきます。
また、弊社事業の新たな取組みやお客様からのリクエストの高いテーマについても併せてご紹介いたします。

竹島 昌弘 様

株式会社日立製作所 未来投資本部
インフラ保守プロジェクトリーダー
兼 社会イノベーション事業推進本部
事業戦略推進本部
アーバン&ソサエティ本部
コーポレートリレーション部 部長

竹島 昌弘 様

株式会社日立製作所 未来投資本部
インフラ保守プロジェクトリーダー
兼 社会イノベーション事業推進本部
事業戦略推進本部 アーバン&ソサエティ本部
コーポレートリレーション部 部長

10/10(木)
13:30〜14:10

地中埋設物位置情報提供サービスの取組み

地中埋設管路に関わる工事の際に管路の位置が図面と現場で異なることから、設計時に試掘を複数回行ったり、配管損傷事故に繋がっています。この問題を解決するために応用地質様のレーダー技術と弊社のAI解析技術を用いた地中埋設管路の位置情報提供サービスを計画中です。その内容について取組み状況をご紹介します。

地中埋設管路に関わる工事の際に管路の位置が図面と現場で異なることから、設計時に試掘を複数回行ったり、配管損傷事故に繋がっています。この問題を解決するために応用地質様のレーダー技術と弊社のAI解析技術を用いた地中埋設管路の位置情報提供サービスを計画中です。その内容について取組み状況をご紹介します。

A

Seminar

A Seminar

招待講演

田村 誠 様

トヨタ自動車株式会社

コネクティッドカンパニー

ITS・コネクティッド統括部

データ活用企画グループ長

田村 誠 様

トヨタ自動車株式会社

コネクティッドカンパニー

ITS・コネクティッド統括部

データ活用企画グループ長

10/10(木)
15:30〜16:10

トヨタのビッグデータとまちの見える化

トヨタでは、コネクティッド戦略として多くの”つながる車”を市場へ投入しております。コネクティッドカーと呼ばれるこれらのクルマは、多くのテレマティクスサービスをお客様にご提供する一方、交通情報や車両の制御情報をビッグデータとして収集・分析することにより、平時や有事において社会貢献やまちづくりのご支援をさせて頂いております。  本講演では、トヨタのビッグデータでどのようにまちを見える化できるのか、実例を交えてご紹介致します。

 

B

Seminar

B Seminar

招待講演

トヨタでは、コネクティッド戦略として多くの”つながる車”を市場へ投入しております。コネクティッドカーと呼ばれるこれらのクルマは、多くのテレマティクスサービスをお客様にご提供する一方、交通情報や車両の制御情報をビッグデータとして収集・分析することにより、平時や有事において社会貢献やまちづくりのご支援をさせて頂いております。  本講演では、トヨタのビッグデータでどのようにまちを見える化できるのか、実例を交えてご紹介致します。

 

塚原 健一 様

九州大学 工学研究院 教授

塚原 健一 様

九州大学 工学研究院 教授

10/11(金)
13:30〜14:10

災害から身を守るために「都市」が為すべきこと

C

Seminar

C Seminar

招待講演

自然災害の外力の強大化とともに、高齢化、公共部門の財政制約等により社会の災害対応力は低下しています。
災害による犠牲者を減らすためには、発災時の適切な対応と平時から災害に強い都市づくりが重要です。
講演では、SIP「国家レジリエンス ( 防災・減災 ) の強化」の1つである「市町村災害対応統合システム」の概念、今後のコンパクトシティ政策と防災力向上について研究内容を紹介します。

自然災害の外力の強大化とともに、高齢化、公共部門の財政制約等により社会の災害対応力は低下しています。
災害による犠牲者を減らすためには、発災時の適切な対応と平時から災害に強い都市づくりが重要です。
講演では、SIP「国家レジリエンス ( 防災・減災 ) の強化」の1つである「市町村災害対応統合システム」の概念、今後のコンパクトシティ政策と防災力向上について研究内容を紹介します。

沖 大幹 様

東京大学
未来ビジョン研究センター 教授

沖 大幹 様

東京大学
未来ビジョン研究センター 教授

10/11(金)
15:30〜16:10

SDGsをビジネスに統合するには?

持続可能な開発目標(SDGs)は、2015年9月に採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ(2030アジェンダ)」の中核です。長期投資家を中心としたESG投資への関心の高まりに合わせ、欧米のみならず日本でもむしろビジネス分野を中心にSDGsへの取り組みが進んでいます。SDGsの最新動向や、いかに本業に統合するのか、といった点についてお話しします。

D

Seminar

D Seminar

招待講演

持続可能な開発目標(SDGs)は、2015年9月に採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ(2030アジェンダ)」の中核です。長期投資家を中心としたESG投資への関心の高まりに合わせ、欧米のみならず日本でもむしろビジネス分野を中心にSDGsへの取り組みが進んでいます。SDGsの最新動向や、いかに本業に統合するのか、といった点についてお話しします。

工藤 優衣

メンテナンス事業部 技術部

工藤 優衣

メンテナンス事業部 技術部

10/10(木)
11:00〜11:20

BIM/CIMの国際標準化とは? ~bSI*の現状と当社の取組み~

*building SMART Internationalの略。BIMの国際標準化団体

建設プロセスを飛躍的に効率化するBIMは世界の潮流となりつつあります。BIMの世界標準化をめざす国際的組織bSI(building SMART International)では、今、技術的な主導権を巡って各国が熾烈な競争を展開しています。bSIにおける日本の現状と戦略、当社の取組みをご報告します。

E

Seminar

招待講演

E Seminar

*building SMART Internationalの略。BIMの国際標準化団体

建設プロセスを飛躍的に効率化するBIMは世界の潮流となりつつあります。BIMの世界標準化をめざす国際的組織bSI(building SMART International)では、今、技術的な主導権を巡って各国が熾烈な競争を展開しています。bSIにおける日本の現状と戦略、当社の取組みをご報告します。

莖澤 絵理架

メンテナンス事業部 技術部

莖澤 絵理架

メンテナンス事業部 技術部

10/10(木)
14:40〜15:00

三次元地下空間を「量る」 ~三次元探査が変える世界~

陥没事故や地下埋設物の損傷など、地下工事の事故が後を絶ちません。これらは全て、地下内部の情報が不確実なまま工事が行われることから起こります。地質のリスクや地下埋設物の状況を、事前に、誰もがわかりやすく「見る」ことが出来る三次元物理探査技術とその普及をめざす三次元探査検定センターについてご紹介します。

F

Seminar

招待講演

F Seminar

陥没事故や地下埋設物の損傷など、地下工事の事故が後を絶ちません。これらは全て、地下内部の情報が不確実なまま工事が行われることから起こります。地質のリスクや地下埋設物の状況を、事前に、誰もがわかりやすく「見る」ことが出来る三次元物理探査技術とその普及をめざす三次元探査検定センターについてご紹介します。

村本 将司

技術本部 ジオデザインセンター

村本 将司

技術本部 ジオデザインセンター

10/11(金)
11:00〜11:20

三次元物理探査から見える地下三次元情報とその活用
―地すべり・斜面BIM/CIMへ向けて―

建設分野の生産性向上に向けて、BIM/CIMの活用と三次元地盤モデル化技術の開発が急務と言われています。本講演では、実際の地すべりの現場での三次元物理探査の適用と三次元地盤モデルの構築、対策工事設計への適用など、防災分野における最先端のBIM/CIMの取り組みを紹介します。

G

Seminar

招待講演

G Seminar

建設分野の生産性向上に向けて、BIM/CIMの活用と三次元地盤モデル化技術の開発が急務と言われています。本講演では、実際の地すべりの現場での三次元物理探査の適用と三次元地盤モデルの構築、対策工事設計への適用など、防災分野における最先端のBIM/CIMの取り組みを紹介します。

甲斐野 ひろみ

地震防災事業部 サービス開発部

甲斐野 ひろみ

地震防災事業部 サービス開発部

10/11(金)
14:40〜15:00

OYOが目指すSociety5.0で実現する安心・安全な社会

超スマート社会Society 5.0の実現に向けて、当社が『防災・減災』の現場で開発に取り組むIoT(Internet of Things)や人工知能(AI)を活用した次世代の社会ソリューションを紹介します。また、当社が描くSociety 5.0で実現すべき安心・安全の未来について説明します。

H

Seminar

招待講演

H Seminar

超スマート社会Society 5.0の実現に向けて、当社が『防災・減災』の現場で開発に取り組むIoT(Internet of Things)や人工知能(AI)を活用した次世代の社会ソリューションを紹介します。また、当社が描くSociety 5.0で実現すべき安心・安全の未来について説明します。

※ テーマ及び内容が変わる場合もございます。あらかじめご了承ください。

名称 OYOフェア2019
開催期間 2019年10月10日(木)・11日(金) 10時〜17時
主催者 応用地質株式会社
会場 秋葉原UDX4F (入場無料)
展示会場 秋葉原UDX4F A会場/UDXギャラリー
セミナー会場 秋葉原UDX4F B会場/UDXギャラリーネクスト
お問い合わせ先 TEL 03-5577-4501(OYOフェア事務局)
Map

OUTLINE

開催概要

Map

s

ACCESS

アクセス

秋葉原UDX

〒101-0021 東京都千代田区外神田4丁目14-1

  • JR秋葉原駅「電気街口」より徒歩2分
  • つくばエクスプレス秋葉原駅「A3出口」より徒歩3分
  • 東京メトロ日比谷線秋葉原駅「2番出口」より徒歩4分
  • 東京メトロ銀座線末広町駅「1番または3番出口」より徒歩3分

※ セミナー座席数は十分余裕を持ってご用意させていただいておりますが、満席となりましたら、ご入場いただけない 場合があります。あらかじめご了承ください。

人と地球の未来に
ベストアンサーを

持続可能な社会を実現するために。

人と自然が調和した豊かで安心な社会をつくるため
OYOグループは地球科学のエキスパートとして
地球とそこに住む全ての人のために全力で取り組んでいきます。

人と自然が調和した豊かで安心な社会をつくるため、OYOグループは地球科学のエキスパートとして、地球とそこに住む全ての人のために全力で取り組んでいきます。