HOME > 仕事 > 総務

総務

OYOの技術を支える総務の力

事務本部 総務部 東京総務グループ

2014年入社
商学部 商業・貿易学科 卒

入江 潤樹

Junki Irie

「スイッチ・マインド」を活かし
柔軟な思考で案件に向き合う

私が所属している東京総務グループは、大宮オフィスで働く全社員が円滑に業務を遂行できるよう、それぞれの部署で生じる性質が異なる課題をスピーディーに解決することを役割としています。
具体的には、お客さまからの電話応対や来客の窓口応対、社員から寄せられる相談への対応、地域の清掃活動、「OYOフェア」など各種イベントの運営サポートといった総務業務、経費の精算や取引先への支払い処理、決算書類作成などの経理業務、社員の勤務状況や健康状態の把握、給与計算などの人事業務を行っています。さらには突発的に生じる案件に対応することも私たちの仕事です。
日々、複数の業務を同時に遂行しなければならないので、まだ慣れていない頃は苦心しました。一つの業務に注力することが精一杯で、それが二つ三つと重なっていくと思うように対応することができなかったのです。それでも目の前の業務に対して手を抜かずに向き合うことで、少しずつ多くの業務を進めることができるようになり、今では自信をもって取り組んでいます。
私の仕事においては、社内全体のバランスを見ながらスムーズに各案件を処理していくことが大切です。そのため柔軟に思考を切り替える意識、いわば「スイッチ・マインド」が求められると私は考えています。これからも、このような柔軟な思考で、“総務の業務遂行力がOYOの技術を支える“といった意識を胸に日々仕事に邁進していきたいと思います。

誰からも頼られる存在であるために

「総務は頼られることが大事だ」
総務に配属されたばかりの頃、上司にそう教えられました。しかし、当時の私は積極的に誰かに話しかけるタイプではなく、総務担当として目立って周囲に頼りにされたこともありません。自分が誰かに頼られている姿がイメージできないのが正直なところでした。
当時はまだ仕事をこなすことに手一杯で、期限が迫っている書類の提出を社内の人に依頼するときも、内心では「期限が迫っているのだから提出してもらって当たり前」と考えてしまう自分がいました。その結果、お互いに事務的なやり取りで終わるのでコミュニケーションが不足していましたが、対応してもらえたことで満足していました。しかし、経験を重ねるにつれ、「皆さんは自分の仕事の時間を割いてまで対応してくれているのに、自分はこんな意識でいていいのだろうか」と思うようになりました。お互いに心地よく頼み頼まれる、そんな社内環境こそが、働きやすい職場だと考えたのです。
それからは、書類の提出やその他部門へ何かを依頼する際には、「お忙しい中恐れ入りますが」と一言を添えたり、特別仕事の用件がなくても日常の中で積極的に社内の人に話しかけたりなど、相手へのささやかな配慮やコミュニケーションを意識し、質問を受けたときには、自分が慌ただしい時でも丁寧に相手の話を聞くことを心がけました。その甲斐もあって、次第に周囲の人たちから「入江くん、わからないことがあるんだけど……」と相談される機会が多くなり、あのとき上司に言われた「総務は頼られることが大事だ」という言葉の真意を実感しつつあります。

OYO愛こそ、原動力

私が学生時代に所属していたゼミのテーマは「経営組織論」です。研究対象の中でも、特に印象に残っているのがあるテーマパーク。そこではスタッフのほとんどがアルバイトとして雇用されているにも関わらず、10年20年と勤続年数が長い方も多く、また長きにわたり顧客満足度上位を保持しています。では、そのスタッフの方々のモチベーションに影響を与えているものは何なのか。その原動力はどこにあるのか。導き出た結論は、働く場所への「愛着」です。その根源はお客様からの感謝の言葉や職場であるテーマパークそのものへの愛着など、金銭的な報酬ではないところにありました。
私自身、就職活動をする上で大切にしたことがこの部分でした。「心から会社を好きでいられるか」、「この会社のために汗水流せるか」。そして、さまざまな会社の説明会に参加する中で出会ったのが、若手、中堅関係なく皆が堂々として礼儀正しく、学生に対して同じ目線で接してくれるOYO社員でした。私もこんな社会人になりたい。心からそう思えたのです。
あの頃の私がそうであったように、今度は私を見て、たくさんの学生がOYO社員の魅力に気付いてくれれば嬉しい。そんなささやかな想いを胸に仕事に励んでいます。
専門的な技術に関する知識がなくても、文系の学生としてこれまで学んできたことや自分のキャラクターを活かせる場面がたくさんあります。これからも総務として、内側からOYOを支えていけるよう、どんなことも意欲的にチャレンジしていきたいと思っています。