ENTRY

PERSON社員紹介

応用地質には、
様々な舞台で活躍する先輩社員がいます。
いずれも、地球そのものを舞台に社会貢献性の高い
事業に携わるスペシャリストばかり。
ここでは、そんな彼らの“生の姿”をお届けします。

流域・砂防事業部

王 昭雯
流域技術部
2016年入社
都市環境学専攻

携わる仕事内容について

流域・砂防事業部では、海から山までの国土防災に関する、自然災害や各種施設の安全性の分析をおこなっています。耐震地盤解析グループの私が携わっているのは、農業ため池の浸水災害や耐震診断と、河川堤防の地盤調査です。農業ため池の業務では、台風や豪雨、地震などの災害から人命を守ることを目的とし、池が決壊してしまった場合、どこでどれくらいの被害状況になるのかを分析したハザードマップの作成に尽力しています。

もう一方の堤防の地盤調査では、河川の氾濫を防止するため、堤防の構造だけでなく、堤防の基礎地盤までどのような地盤構造になっているのかを調べています。とても硬そうな見た目で、丈夫な地面だと思えても、実際には深い位置にとても柔らかい地層が隠れているかもしれません。大雨や地震があると、見えないところで何かが壊れて堤防の決壊に繋がる恐れがありますから、そうした事故の予防保全に努めています。

この仕事の難しさとは

日々業務に従事していて感じるのは「予想」することの難しさです。事前準備として、頑張って資料を調査し確認をしていても、実際に仕事をしていると既存の資料と異なることは、数多くあります。むしろ、予想通りに計画が進むことはあまりないかもしれません。例えば、地盤調査をするにしても、現地で調査中に予想外のことが起こり、そのまま調査を中止せざるを得ないこともあるんですね。そのような事態が起きた際は、先輩方と相談をしながら総合的に判断し、調査方法を変更するなど、臨機応変に対応していかなければなりません。

毎回違った状況で、その都度最適解を検討していくことは非常に難しいですが、何ごとも経験だと考えています。多くの経験から知見を収集し磨いた技術力で、お客様や社内のメンバーから信頼される人間になることを目標に、今後も前向きに仕事に取り組むことを心がけていきたいです。

仕事のやりがいについて

新しい仕事にチャレンジできること。これが何よりも仕事のやりがいに繋がっています。もちろん、やったことのない仕事に対する迷いや、苦しみが全くない訳ではありません。しかしながら、もがきながら上を目指していくことが、仕事の醍醐味だと感じています。新しいことへとチャレンジし続けることで、その都度新しい自分に出会うことができますから、その変化を楽しみながら何ごとにも挑戦し続けたいですね。

また、現在の会社方針として、全国対応を掲げています。北海道から沖縄まで、もしくは、将来海外に行くことができるかもしれません。そうした出先で、地方ならではの美味しいものを食べたり、何か体験をしてみたり、自分の楽しみを見つけることで仕事にもいい影響を与えていきたいと考えています。そのためは、常にやってみたいことに挑戦できる気力と体力は不可欠です。こうした想いを何歳になっても持ち続けられたらいいなと思います。

Message MOVIE

地震防災事業部

鳥本 達矢
解析技術部
2017年入社
理学研究専攻

携わる仕事内容について

現在所属している地震防災事業部では、自然災害に対応するための被害予測や防災計画の策定支援などをブランド化し、お客様へ提供しています。また、こうしたソリューションのモデル作成や、数値シミュレーションに関連する技術・知見に対して敏感になり、最新情報を収集していくことも社内における重要な役割です。中でも私は、地震動のシミュレーション業務を担当しています。内容は、シミュレーションの結果や観測データの解析を通じた、地震被害の想定や予測です。さらに、解析の計算に使用したモデルや結果の妥当性を評価するといったことにも携わっています。

大学時代に学んできたことを仕事に生かしたいと考えていた私ですが、そういった意味では、とても充実した毎日を過ごすことができています。応用地質には、やりたいと手を挙げれば挑戦させてくれる環境がありますから、それを生かして今後も成長していきたいですね。

仕事のやりがいについて

自然災害を予測するためには地球科学の知識が必要になってくるのですが、地球科学には未知なことも多く、正解がわかりません。ですから、これまでにわかっている知見や技術を駆使して、最善策を探していかねばならない部分が難しいと感じています。このように苦労をしている中、自分の担当した作業の結果を見たお客様から褒めていただけた時や、認めてもらえた時は嬉しいですし、これまでの自分の考えは間違っていなかったのだと、自信にも繋がります。

また、モチベーションを保つためにおこなっているのが、興味を持てそうな部分を探すことです。やはり仕事ですから、すべてに対してモチベーション高く対応することは難しいですが、何か一つでも興味を持ち好きになることで、少しでも気持ちよく、楽しく仕事に向き合えると実感していますね。

応用地質にはどんな人が合っているか

応用地質の仕事は専門的な分野が多く、これといった明確な答えがないことも多々あります。そんな環境の中で、必要になってくるのは「他人と議論ができる力」だと考えています。技術的なことはもちろんそうですが、日々の中で気付いた些細なことに関しても、真正面から向き合い、それに対してしっかりと自分の意見を持って臨む姿勢が大切です。こうした力は、きっと私たちの成長へと繋がり、会社全体の一体感をも生み出すものになると信じています。

私自身、まだまだ未熟な部分ばかりで、先輩方に助けていただくことも多いです。しかし、それに甘えず、一刻も早く一人で担当できる作業を増やし、一人前になりたいと日々努めています。私もみなさんの手本となれるよう精進してきますので、ぜひ一緒に応用地質で成長したいと思ってもらえたら、こんなに嬉しいことはないですね。

Message MOVIE