HOME > 育成・福利厚生 > 福利厚生制度について

福利厚生制度について

Q1. 応用地質の福利厚生制度の狙いは何ですか?

社員が仕事と生活のバランスをとりながら、持てる力を最大限に発揮できるよう環境を整備しています。さらに、女性社員が結婚や出産などライフイベントを経ても働き続けられるような制度を設けています。時間単位で取得できる有給休暇や始業時間の繰り上げ・繰り下げ制度、時短勤務制度、将来の備えとして財形貯蓄などがあります。当社は子育てサポート企業として「プラチナくるみん」、女性活躍推進企業として「えるぼし2段階目」の認定を受けています。

  • プラチナくるみん
  • えるぼし2段階目

Q2. 具体的に、どのような福利厚生制度がありますか?

社会保険制度

病気、けが、身体の障害、死亡、老齢、失業などの事態がおきたときに被保険者やその家族に対して保険給付を行い、生活を保障する制度。

年次有給休暇

有給休暇のうち5日間分(35時間)は時間単位で取得可能。

始業時間の繰り上げ・繰り下げ制度

上司の承認を経て、始業時間を午前8時から午前11時まで変更できる制度。

在宅勤務制度

事前に申請することで、原則週に1回、自宅で仕事ができる制度。

在宅勤務をする社員

育児休業

育児休業は子どもが2歳の誕生日を迎えるまで取得可能。時間短縮勤務、時間外労働及び休日勤務免除、子の看護のための休暇は子どもが4年生になる日まで取得可能。その他、妊産婦の健康管理措置、産前産後休暇等あり。

介護休業

介護関係では、通算で180日を限度として介護休業、時間短縮勤務、時間外労働制限等あり。

健康診断

会社では毎年1回、一般健診または生活習慣病健診など定期健康診断を行う。24時間365日受けられるカウンセリングサービスと契約しており、メンタルケアも行っている。インフルエンザの予防接種費用補助あり。

賃貸住宅補助制度

会社が借り上げ社宅として職員に貸与する制度。

慶弔見舞金等

社員の慶弔ならびに見舞金として支給。他、弔慰金、高度障害見舞金、業務上災害見舞金等あり。

社員預金・財産形成貯蓄等・住宅積立社員預金

社員の将来の備えとして資産形成を補助。

貸付金(結婚・出産・子の進学・葬祭など)

ライフイベントにあわせて会社から貸付を受けられる。また新入社員支度金、新入社員貸付金制度あり。

自己啓発支援

自己啓発のための資金を必要とする場合、会社から貸付金を受けられる制度。

応用地質従業員持株会

長期的、計画的な財産形成のため、当社の職員が給与等から資金を積み立てし、自社株を共同購入する制度。

親睦会

各事業所で幹事を選出し、その幹事を中心に各事業所の予算や人数に応じて旅行やスポーツ活動他各種行事を実施。

  • バーベキュー大会
  • ラフティング

部活動助成

退職金、企業年金