クラウド型輸送貨物監視システム「TrecView Cloud」
輸送中の貨物に関する日時、位置、温度、湿度、振動をモニタリング。物流品質の向上を実現。

物品損傷の原因となる振動や衝撃、品質確保のための温度管理など、貨物の輸送状態を数値化し、記録・管理する取組みが物流市場で一般化しつつあり、要求基準に関しても各種規格化が進んでいます。

しかしながら、従来の一般的な物流計測システムでは、システム本体および専用通信端末の購入費用が高額だったり、運用手順も煩雑であることから、課題も少なくありませんでした。

このような課題に対応するため、応用地質が持つGIS(地理情報システム)や交通情報管理システム等の技術と、神栄テクノロジーの持つ計測機器の開発技術を組み合わせ、輸送中の貨物に関する各種情報(日時、位置、温度、湿度、振動)をモニタリングし、異常発生のリアルタイム通知や輸送状態のレポートを自動作成する機能を持つ、クラウド型貨物輸送監視システム『TrecView Cloud』を開発し、2021年1月よりサービス提供を開始いたします。

特長

TrecView Cloud

TrecView Cloudは、神栄テクノロジーが新たに開発し製造・販売する各種センサと通信機能を内蔵した高精度かつ低価格な小型輸送記録計『TrecView』と、応用地質が開発し豊富な実績を有する高機能な地理情報システム『MAGIS』で培ったノウハウを組み合わせ、価格面での導入のしやすさ、使い勝手の良さ、およびリアルタイムでの輸送監視を可能としたクラウド型輸送貨物監視システムです。

リアルタイムでの輸送監視

TrecView Cloudは、貨物側に設置されるTrecViewでセンサ情報(振動、温度、湿度)を記録し、運転席側に設置したスマートフォンではGPSの位置情報を記録することで、TrecViewが危険な振動を検知した場合、スマートフォンへ迅速に異常を通知し、運転手はその場で対応の判断をすることができます。

また、リアルタイム監視モードのほかに、輸送後に記録データを確認する通常計測モードもあり、運用面を大きく変更することなく導入可能です。

調査報告書を自動作成

TrecViewの全記録データとスマートフォンに記録された位置情報をサーバーに転送することで、調査報告書の自動作成が可能。担当者の作業負担軽減やデータの改ざん防止にもつながり、信頼性の高い輸送サービスを提供できます。

システム概要

TrecView Cloud 管理画面例

新型小型輸送記録計TrecView

TrecView は、三軸加速度センサ、温度センサ、湿度センサ、通信機能(Bluetooth)を内蔵し、単四電池2本で駆動する、神栄テクノロジーが独自に開発したこれまでに無い小型・軽量かつ省エネタイプの記録計です。TrecView の各種設定や記録データの読み取りなどすべての操作は Bluetooth を経由しスマートフォン上で行うことができ、パソコンへの接続は不要です。予め設定した値より大きな振動や衝撃を貨物がうけた場合、自動的にスマートフォンにアラート通知することで、輸送トラブルの迅速対応につなげることが出来ます。

通常モードでは、SDカードにデータ(振動、温度、湿度、日時)を記録し、輸送終了後、CSV形式でパソコンへデータを読み出すことが可能です。

『TrecView Cloud』のサービス提供に先立ち、2020年11月に神栄テクノロジーよりサンプル出荷を開始する予定です。

小型輸送環境記録計 TrecView (トレックビュー)
https://www.shinyei-tm.co.jp/main_product_G-TAG_trecview.html
※『TrecView』は、神栄テクノロジーが商標登録出願中です。

関連サービス
サービス・製品に関するお問い合わせ