SYSCAL-R1プラス

175W小型デジタル比抵抗IP探査装置

「シスカル-R1プラス」は、アイリス社(フランス)で製品化された125Wのトランスミッタとレシーバが1つのケースにコンパクトに納められた小型のデジタル電気探査装置です。
 本体に内蔵された125WのDC/DCコンバータにより、充電式の内蔵バッテリあるいは外部の12Vバッテリで簡便に探査することができます。マイクロプロセッサの採用により、操作性・機能性・信頼性共に優れています。

特長

  • 小型・軽量ながら、175Wのトランスミッタを内蔵し、最大600Vの出力電圧が得られます。
  • スタッキングによリ1μVの分解能を得ることができ、微弱なシグナルでもS/N比を改善して測定することができます。
  • 自然電位の自動補正やP1~P2電極問のノイズレベルの測定およびそのオフセットの機能を有しています。
  • LCD上には電流値や電位のほかに自然電位、見掛比抵抗とその標準偏差が直接表示されます。
  • 最大800ポイントのデータを内蔵メモリに収録でき、RS-232Cを介して外部のコンピュータに転送することができます。
  • シュランベルジャ法、ウエンナ法、タイポール・タイポール法、ポール・ポール法などの電極配置ができます。

仕様

基本仕様

最大出力 175W
出力電圧/電流 12V/1.2A、50V/1.2A/100V/1.2A、200V/700mA、400V/300mA
入力インピーダンス 10MΩ
測定レンジ 最大±10V
分解能 10μ∨、1μV(スタッキング後)
データ表示部 LCD
表示測定内容 電流、電位、自然電位、見掛比抵抗値、標準偏差、測定前のノイズレベルなど
最大メモリ容量 800測定(メモリバックアップ機能付き)
適用電極配置 ウエンナ法、シュランベルジャ法、ダイポール・ダイポール法、ポール・ポール法、ポール・ダイポール法など
デジタル出力 RS-232C
寸法 310×310×210(mm)
重量 7kg(内蔵バッテリなし)、9.5kg(内蔵バッテリ付き)
電源 12Vカーバッテリまたは充電式バッテリ
関連製品
サービス・製品に関するお問い合わせ