土層強度検査棒

簡便に土層厚深さ、土層強度、地盤強度を測定できる装置です。

土層強度検査棒は、

  1. 土層厚深さ測定 貫入コーン付のφ10mmのロッドを人力で静的に地盤に押し込むことにより大まかな土層深を簡易に測定する。
  2. 貫入試験 貫入コーン付のφ10mmのロッドをバネ式荷重計を用いて人力で静的に地盤に押し込むことにより大まかな土質、土層強度、土層深を簡易に測定する試験。
  3. せん断試験 貫入コーン羽根付(ベーンコーン)と交換して所定の深度に貫入し、ロッドの押し込み力と回転トルクから原位置での内部摩擦角と粘着力を測定する試験。

以上の3種類の測定ができる装置です。

特長

  • 軽量で可搬性が高く、試験方法が簡便であり、短時間で広範囲の調査が可能です。
  • 斜面での表土の層厚深さ測定、土層強度測定など、斜面防災での適用事例があります。
  • 本製品は、独立行政法人 土木研究所が所有する
    (特許第3613591) ”土のせん断強度測定方法及び装置“にしたがい、製作しています。
    また、独立行政法人 土木研究所との共同で改良を加えています。

仕様

基本仕様

先端コーン 先端角60°、最大径15mm、長さ50mm、鋼製
ロッド 直径φ10mm、長さ450mm(コーンに接続するロッド)と長さ500mm の2種類
貫入コーン羽根付 先端角60°、4枚羽根
バネ式荷重計 300N 以下
ダイヤル式トルクレンチ ±7 Nm

 

標準構成

名 称 数量 試験に使用する機材 製品一式外観
貫入コーン 1 A B
製品一式
ロッド 450mm 1 A B C
ロッド 500mm 9 A B C
取 手 1 A B C
継 手 1 B C
貫入コーン羽根付 1
バネ式荷重計 1 B C
ダイヤル式トルクレンチ 1
先端アダプタ 1
スパナ 2 A B C
収納袋 1
試験内容 A.土層厚さ測定
B.貫入試験
C.せん断試験

 

関連製品
関連サービス
サービス・製品に関するお問い合わせ