S&DL水位計

標高・GL(グランドレベル)・水深の3種類の水位が直読できる、高性能デジタル水位計

S&DL(Sensor & Data Logger)水位計は、現場設置やデータ回収が容易で、高性能、低価格なデジタル水位計です。製品ラインアップは耐食性に優れた総チタン製の高性能型水位計や長期安定性を誇る電磁誘導式導電率計など、豊富で、多様なご要望にお応えできます。

圧力センサとデータロガーを一体化した全く新しいコンセプトの水位計です。一体化したプローブ、孔口に設置する電池ケース部、およびそれらを接続するベントチューブ内蔵のケーブルで構成されます。このような構成により下記のような数々の優れた特長があります。長期の地下水位・水質モニタリング、透水試験など多様な用途にご利用いただけます。

また、i-SENSORデータ通信ユニットを付加することにより、Eメールで水位データを配信することができます。

特長

  • データロガーを温度変化のほとんどない水中に置くことで、抜群の安定性を実現しました。また、一体化構造により外来ノイズの影響も全く受けません。
  • 孔口部に電池ケースを設置するのみで、特別な工事や設備は必要ありません。
  • 多くの水位計は圧力センサの形式により、mV,mA、マイクロストレインで表示されるため水位に換算しなければなりません。S&DL 水位計は、GL水位 ・標高水位を直読できます。
  • 多様な水位計の他、pH計、導電率計等、バリエーションも豊富です。
  • i-SENSORデータ通信ユニットを付加することにより、水位データをFOMAを利用して簡単、かつ安価に、しかも複数のメールアドレスに同時に配信できます。
  • 低消費電力ですので、安価な単一アルカリ電池×3個でも長期観測が可能です。
  • S&DL水位計にi-SENSORデータ通信ユニットを付加することで、FOMAを利用したパケット通信により、低コストかつ高品質なデータ配信システムが容易に構築できます。
  • データ回収や測定条件の設定は、専用の S&DLハンディターミナルもしくはパソコン(S&DL Assist)により簡単に行えます。 S&DLハンディターミナルに収録されたデータは、内蔵のPCカードに記録されますので、パソコンで直接読み取り可能です。また、S&DLハンディターミナル上のLCDに水位変化のグラフ表示ができますので、現場におけるデータQCにも有効です。

S&DL水位計 Q&A

 

S&DL設置完成図

S&DL設置完成図

仕様

水位計部仕様

  高性能型MODEL-4640A 普及型MODEL-4677 水位・導電率計MODEL-4631G 水位・pH計MODEL-4665G
外観・構造 外観イラスト 外観イラスト 外観イラスト 外観イラスト
特長・用途 ・総チタン製
・優れた耐食性
・優れた長期安定性
・揚水試験用の測定パターンに切替可能
・安価
・一般(陸水)用
・水位・導電率を同時測定
・電磁誘導法採用で抜群の長期安定性
・導電率の自動温度補正
・水位・pHを同時測定
・KCI無補給方式
・保守が容易
圧力センサの材質 チタン SUS-316 チタン チタン
プローブの材質 チタン SUS-316 塩化ビニール 塩化ビニール
プローブの外径(mm) φ25×290 φ25×290 φ34×547 φ34×532
測定項目 水位・電池電圧 水位・電池電圧 水位・導電率温度・電池電圧 水位・pH・温度電池電圧
水位測定範囲 5m用
10m用
20m用
35m用
50m用
10m用
20m用
35m用
5m用
10m用
35m用
導電率/pH測定範囲 2~4000mS/m 2~12pH
水位測定精度 ±0.1%FS
圧力センサゼロ点温度ドリフト ±0.015%FS/℃ ±0.04%FS/℃ ±0.015%FS/℃
水位分解能 1mm
メモリ容量(512KB) 43000データ 52000データ 32000データ 38000データ
測定間隔 5秒~1時間※11分~10日 1分~10日(1分単位で設定可能)
インターフェイス RS-232C
プローブ動作温度 ※2 0~50℃ 0~50℃ 0~50℃
電池部動作温度 ※2 ※3 -30~60℃ -30~60℃ -30~60℃
電 源 単一アルカリ乾電池×3本標準
(6V、9V専用リチウム電池はオプション)
9V(専用リチウム電池)

※1:揚水試験モードの場合
※2:凍結を除く
※3:当社指定リチウム電池(BR-C型)を使用時

関連製品
サービス・製品に関するお問い合わせ