S&DL雨量計

雨量計感部にS&DL雨量計を接続し、1日の雨量や任意の時間雨量を自動計測

転倒ます型の雨量計感部(1転倒あたり0.5mm、または1mm)にS&DL雨量計データロガーを接続することによって、1日の雨量や任意の時間雨量を自動計測できます。

測定は、使用する雨量計感部の型式(0.5mm型、1mm型)の選択と測定間隔(時間)を専用のハンディターミナル、またはパソコンから本データロガーに入力するだけの、簡単な操作で行うことができます。

特長

  • 日雨量量や時間雨量を、直接雨量(mm)として表示することができます。
  • 操作性は非常に簡単です。
  • 1回の電池交換で約3ヶ月間の連続測定ができます。(専用リチウム電池使用時)
  • アレスタとバリスタによる耐雷保護機能を備えています。
  • 測定条件の設定やデータの回収は専用のハンディーターミナル、またはパソコンにより容易に行えます。

仕様

ロガー部

 適用可能雨量計感部 転倒ます式(0.5mm型、または1mm型)
 最大測定範囲 2047mm(0.5mm型),4095mm(1mm型)
 測定時間間隔 1分~10日(1分単位で設定可能)
 メモリ容量 80KB(10240データ)
 インターフェイス RS-232C(300~9600bps)
 RS-232Cコネクタ Dsub9ピン
 電源 専用リチウム電池
 動作温度範囲 -10~50℃
 構造 屋内仕様
 外形寸法 180×80×70mm
 標準ケーブル長 2m(雨量計感部~ロガー間)※最大30mまで可能

雨量計感部

 検出方式 転倒ます式
 1転倒雨量 0.5mm、または1mm
 動作温度範囲 -10~50℃(ヒータ付)
 電源 ヒータ付の場合はAC100Vが必要
 外形寸法 約φ230mm×H456mm
 重量 約4.5kg(ヒータなし)、約7kg(ヒータ付)
関連製品
サービス・製品に関するお問い合わせ