観光地等の交通環境最適化ソリューション
安全・快適・地域活性化への「道」、ご提案

OYOグループは道路や交通に関わるコンサルティングを提供します。

車に関するビッグデータ処理ソフト「PROTANAS(プロタナス)Ⓡ」

PROTANAS自動車や人の移動履歴・走行履歴データは、ビックデータと呼ばれ、道路の渋滞箇所や交通事故危険箇所などの分析、及び道路整備効果、事業評価など、様々な分析・評価・計画立案の場面で活用されています。
OYOグループでは、これらのビッグデータを総合的かつ視覚的に分析するためのソフトウェア「PROTANAS(プロタナス)Ⓡ」を開発し、多くのお客様への技術サービスを提供させていただいております。 
※PROTANASⓇは国土地理院の「電子国土賞2012」を受賞しています。
「PROTANAS」の詳細はこちらをご覧ください。→ http://www.kcsweb.co.jp/ps/protanas/

急ブレーキの前後の動画を自動送信アプリ「セーフティeye」

交通事故(人身事故)は全国で約67万件(H24)発生しています。保有自動車14台に1台の確率※で事故が発生していることになります。企業様にとっては、業務上の交通事故を削減することが、将来における経営リスクを低減することにつながり、かつ、営業活動する地域全体の安全性の向上に社会貢献します。
セーフティeyeOYOグループでは、法人向けの交通事故ゼロを目指すスマホアプリ「セーフティeyeⓇ」を提供しています。「セーフティeye」は自動車に簡易設置するだけで、ドライブレコーダーとして機能します。また、クラウドを活用して、事故や急ブレーキ発生時に管理者パソコンにリアルタイムで情報が共有できます。すでに導入いただいた企業様から、社員の事故が大幅に減少したとの声をいただいています。
「セーフティeye」の詳細はこちらをご覧ください。→ http://www.kcsweb.co.jp/ps/safetyeye/

バスロケーションサービス、スマフォアプリ「SUBTouR Z」

マイカーの普及や人口減少など社会環境の変化に伴い、特に地方部では、公共交通(バス・鉄道など)の利用者が減少しています。公共交通は、子供やお年寄りをはじめとする多くの市民生活に欠かせない社会インフラであり、国内各地でその維持が課題となっています。

OYOグループでは、公共交通を運営する自治体やバス会社の厳しい財政状況の中で、運行路線や運行形態の見直しを通じてコスト削減を検討するとともに、利用者目線からの利用促進方策の検討や住民を巻き込んだ社会実験等にも取り組んでいます。近年、ICカードの乗車履歴情報やバスの走行履歴情報等のビッグデータを活用して、より効果的な運行計画の立案等の技術サービスを提供しています。

SUBTouRZ新潟県の頸南(けいなん)バス株式会社でバスロケーション・サービスの試行を開始しました。「北陸信越運輸局管内における公共交通事業者が行う利用促進策等に関する調査」事業で平成27年12月1日~平成28年1月31日の期間試行します。
「SUBTouR Z」の詳細はこちらをご覧ください。→ http://www.kcsweb.co.jp/ps/subtourz/

関連サービス
サービス・製品に関するお問い合わせ