MS2

磁化率計測器

MS2磁化率システムは、SIユニットで2 x10⁻⁶の分解能によって研究室や現場のいずれでも岩や土壌の磁化率を計測できる様々なセンサーと計測器から構成されています。機器は、-200℃~850℃までの温度範囲で磁化率計測が可能です。

地質調査・土壌調査、古地磁気学、考古学探査、古気候調査、水文学、堆積学、core loggingまたは相互関係、磁気ファブリック解析などを含んだ用途で用いられます。考古学では、このシステムは人間の生活(主に燃やすことによるもの)によって作り出された土壌においての磁化率の増大を見つけるために使用することが出来ます。

特長

  • 非破壊で計測でき、低周波の使用は試料の伝導率の影響を受けずに測定結果を出す事が可能です。
  • プローブは、計測のドリフトを最低限に抑えるために温度補正が行われています。
  • MS2計測器は持ち運び可能で、現場使用のためのキャリングバッグ、実験室での使用のためのスタンド、一般的な電源アダプター、車のダッシュボード用コネクター、RS232ケーブル、環境磁化率計測についての小冊子などが同梱されています。
  • MS2計測器は、様々なセンサーに接続することができます。
  • MS2計測器は、バッテリーの状態とバッテリー充電を表示する機能が付いた電源または車のダッシュボードにより再充電可能な内蔵電池からの電力で動きます。
  • シリアルインターフェースによって、コンピューター制御とデーター転送が可能です。
関連製品
サービス・製品に関するお問い合わせ