i-SENSOR2 Tilt

地盤傾斜データを直接Eメールで送信する。設定しきい値を越えると警告メールを自動的に送信

i-SENSOR2 Tiltから直接、Eメールで地盤傾斜データを送信できます。

データ受信側は、パソコン、携帯電話機などEメールが利用できる環境であれば特に制限はありません。

また、予め傾斜量(時間傾斜量、累積傾斜量)のしきい値を設定しておけば、しきい値を越えたときに警告メールを自動的に送信します。

特長

  • Eメールによりデータを送信します。
  • 無線パケット通信より現地電話回線等の敷設が不要です。
  • 通信モジュールを内蔵、一体化構造のため、コンパクト・軽量で簡単に設置できます。
  • 低消費電力化を実現し、バッテリ駆動での長期測定が可能です。
  • しきい値オーバー、バッテリ切れ、外部接点入力などの場合に自己判断通報が可能です。
  • しきい値は、時間傾斜量(角度/時間)や初期値からの傾斜角による設定が可能です。
  • 接点入出力機能により、リミットスイッチなどの入力動作による測定・通信、および出力動作による警報装置起動が可能です。
  • 無線リンク機能として、親機(マスター)1台に対し子機(ノード)10台まで利用可能です。
  • 無線リンクは正確な時間同期を行い、必要最低限の時間で送信、受信を行える低消費無線を用いています。
  • 無線通信には、無線の到達確認ができなければ、直ちに別ルートを探す冗長経路機能を有した「メッシュ型」を採用しています。
i-SENSOR2 Tilt 設置状況イメージ

※:FOMA(NTTdocomo)はNTTドコモの登録商標です。

※:Dust Networksは、Linear Technology Corporationの登録商標です。

仕様

基本仕様

測定範囲  ±10°(傾斜)
測定分解能  約0.001°(傾斜) 
測定精度  ±0.5%F.S.(±0.05°)(25℃時)
データ通信 3G(FOMA)、GSM/GPRS【親機マスタのみ】
データメモリー

約28,000データ分【親機・マスタ】

約3,000データ分【子機・ノード】

通信部 (無線リンク) 2.4GHz帯 Dust Networks採用 
子機接続数 10台
通信距離 最大150m(アンテナ設置高さ2mにした場合の見通し距離)
保護構造 野外での雨風に耐える防滴構造
外形寸法

約φ85×220mm (突起部除く) [親機・マスタ]

約φ85×125mm (突起部除く) [子機・ノード]

重量 重量約2kg以下(バッテリを除く)
関連製品
サービス・製品に関するお問い合わせ