ボアホールピック3315

3成分孔内受振器

ポアホールピック(MODEL-3315)は、ボーリング孔内において、地盤のP波およびS波の速度を測定するPS検層に用いるための孔内受振器です。

本器は、3成分の受振器、孔壁圧着機構及び送水チューブ複合ケーブルより構成されており、受振器には、上下動1成分、直交して配置された水平動2成分の動コイル型受振器が内蔵されています。孔壁圧着機構は受振器部の外側のゴムチューブを加圧することにより膨張させ、孔壁に圧着させる方法を採用しています。また、送水チューブ複合ケーブルは受振器からの信号の伝達と、ゴムチューブを加圧、膨張させるための水の伝達に用いられています。

本器は、PS検層用としての特性を有し、小型、かつ操作も容易ですので、広い分野でご利用いただけます。

特長

  • 小型、軽量化されていますので、比較的小さなボーリング孔経(Φ56m)でも使用できます。
  • ゴムチューブによる孔壁圧着機構の採用によって、任意の深度にボアホールピックを固定できます。
  • ゴムチューブの交換は、本体を解体することなく簡単に行なうことができます。
  • ゴムチューブを膨張させるための送水チューブは、ケーブルと一体化されており、作業の煩雑さがなく、本器の孔内への出し入れを容易にします。
  • ケーブルにはマーキングがついているため、測定深度の確認ができます。

仕様

ブロック 項目 仕様 備考
受振器部 材  質
寸  法
重  量
SUS 304
Φ43×303mm
約13kg
本体+ケーブル100m
上下動受振器 固有振動数
感  度
インピーダンス
28Hz
104mV/kine
215Ω
 
水平動受振器 固有振動数
感  度
インピーダンス
28Hz
104mV/kine
215Ω
 
ゴムチューブ 外径×内径×長さ
最大膨張外径
最大加圧力
40×36×130mm
86mm
200kPa
外気が1気圧のとき
ケーブル 芯  数
送気チューブ
外  径
被覆材質
深度マーキング
標準ケーブル長
8本(4対)
耐水ウレタンチューブ(Φ6mm×Φ4mm)
11mm
PVC
10cm間隔表示
100m
Φ0.54mm/一芯
耐圧1000kPa
コネクタ コネクタタイプ NK-27-21C7/8 変更可
動作温度   0~40℃  
測定イメージ 仕様
関連製品
サービス・製品に関するお問い合わせ