金属探知

戦時中に投下され、地中に埋没している不発弾は、日本全国でまだ7,000トン以上存在していると言われています。金属探知機は、海や陸地での開発行為等に先立ち、このような不発弾の探査に広く用いられているほか、考古学における遺跡探査、土木分野における埋設管探査など、さまざまな用途で活用されています。

サービス・製品に関するお問い合わせ