洪水・浸水の監視

気候システムの温暖化に伴う降雨災害の増加から、世界各国で河川整備計画の見直しが行われています。日本でも、治水施設の設計能力を上回る豪雨等の発生に対し、ハード・ソフト一体での対策の強化が検討されています。応用地質では、河川などの水位を監視するセンサから、適切な避難行動や企業の事業継続計画(BCP)に貢献する防災システムの開発まで、水害の増加に対応する各種ソリューション製品を提供しています。

サービス・製品に関するお問い合わせ