遺跡・文化財調査

文化財保護法では、埋蔵文化財包蔵地において土木工事などを行う場合に、都道府県や政令指定都市等の教育委員会に事前の届出を行うとともに、必要に応じて発掘調査を行うことが求められています。当社では、遺構の種類や周囲の地盤の性状に応じて、電気や磁気、電磁波などの物理現象を利用した各種の非破壊探査装置を揃えております。

サービス・製品に関するお問い合わせ