技術セミナー

重点セミナー「長周期地震動」と「地盤の三次元解析」を含め、全6編です。 OYOフェアでは、事前にお客様を訪問し「どんな講演が聞きたいか」を伺いながら、講演内容を決めました。
OYOグループによる全6編の概要は次のとおりです。
セミナー資料はこちらのアンケートに答えて頂きますと、ダウンロードできます。
【重点セミナーA】 9日13:00-13:30/10日13:00-13:30
「長周期地震動」を知って、対策への第一歩を
高層建物に大きな影響を与える長周期地震動について、揺れ方にどんな特徴があるのか、これまでどのような被害があったかのかを解説します。さらに、発生しやすい場所や地盤条件をあげ、地下構造との関連も含め、リスク管理に欠かせない基礎知識を提供します。

長周期地震動

【重点セミナーB】 9日14:00-14:30/10日14:00-14:30
地盤の見える化で広がる新たな世界
―三次元地盤解析による地盤情報の活用―
地面下の地盤情報を立体情報に変える三次元地盤情報解析が、今、様々な事業分野で注目されています。二次元ではとらえにくい複雑な地盤構造も、この技術を使えば簡単に視覚化でき、よりリアルなイメージに! 地盤情報の管理やコミュニケーションツールとしての優れた機能をご紹介します。

三次元地盤解析

9日10:50-11:10/15:00-15:20
災害からサプライチェーンを守るマネジメントとは
災害時のサプライチェーンリスクを把握し、適切な事業継続計画を策定することは、製造・運輸・流通をはじめ、あらゆる企業の重要な経営課題です。本講演では、被災時の問題を定量評価でシミュレーションし、リスクを低く抑える効果的な事業継続マネジメントについて解説します。

9日11:40-12:00/15:50-16:10
企業を脅かす大規模災害・交通安全リスクへの対応策
大規模地震災害は、企業経営を脅かす最大のリスクです。クルマを使った臨機応変な避難や、早期に操業再開するための準備など、東日本大震災の教訓をもとに、これまでにない視点から企業の防災対策をご提案します。また、日常的なリスクである交通事故に対する企業の対策事例もご紹介します。

10日10:50-11:10/15:00-15:20
持続可能な社会に向けた、新たな維持管理を考える
社会を取り巻く環境が大きく変化する中で、継続的な維持管理により持続可能な社会を実現するためには、従来の画一的で事後的な維持管理手法にとらわれない、新たな発想が必要となっています。次の時代へ繋げる、持続可能な維持管理技術の今後の展望について解説します。

10日11:40-12:00/15:50-16:10
海底の見える化で飛躍するビジネスの可能性
海洋資源開発や洋上利用では、海底地盤の情報を知り、災害リスクを事前に評価することが重要です。OYOグループの三次元探査技術を使って海底地盤のリスクデータを取得する「SAFE-BAND」プロジェクトをご紹介し、高分解能で得られた高精度三次元データをどのような場面に活用できるか提案します。