地すべり・斜面崩壊対策サービス

土砂災害の予防、対策、復旧を支援

日本の国土は、地震が多発し、火山活動も活発である上に、度重なる地殻変動の影響により、地質は極めて脆弱です。温帯・多雨という気象条件から土砂災害も頻発します。崩壊危険性のある急傾斜地や地すべり・土石流危険箇所は、日本の至るところに存在しています。

斜面の崩壊は、降雨による地下水上昇の影響や地震、地形・地質、植生など、さまざまな要因が関連して発生します。このため、斜面崩壊による災害を予防するためには、崩壊に至るメカニズムを特定し、事前に防災対策工事を施すこと、そして、地域に潜むリスクについて予め把握しておくことが重要です。

応用地質が提供している斜面防災サービス

①崩壊危険斜面に対する地質調査・対策工事の設計

平成30年7月豪雨で崩壊した斜面
ダム貯水池地すべりの三次元モデル
地すべり対策工事の三次元モデル

②土砂災害の監視センサの開発

i-SENSOR傾斜計
i-SENSOR伸縮計

③砂防施設の設計・点検・健全度調査

④土砂災害避難支援システムの開発

土砂災害タイムラインシステム
タイムラインに基づく避難訓練の様子
お問い合わせ
応用地質株式会社 砂防・防災事業部

営業時間 9:00~17:00 (土日祝日除く)

  • TEL:048-652-4975
  • FAX:048-652-4017