ため池防災システム

ため池の氾濫危険情報をリアルタイムで発信し、下流域に住む住民の速やかな避難行動を支援します。

ため池の老朽化、決壊等リスクの増加

農業従事者の高齢化や減少、権利者の世代交代による管理体制の弱体化などから、設備や堤体が老朽化し、災害時における決壊などのリスクが高まっています。ため池の被害の70%が豪雨によるものとされており、『平成30年7月豪雨』や『令和元年台風第19号』においても各地で決壊等の被害をもたらしました。

国は、決壊した場合の浸水区域に家屋や公共施設等が存在し、人的被害を与えるおそれのある全国63,722 か所のため池を「重点防災ため池」として再選定し、緊急時の迅速な避難行動につなげる対策を取るよう各自治体に要請しています。

ため池防災システムの概要

当社が開発した低価格・双方向通信型ハザードマッピングセンサや監視カメラにより、ため池の氾濫危険情報をリアルタイムで発信し、下流域に住む住民の速やかな避難行動を支援します。

 

特徴①:簡易かつ緊急的に導入が可能

低価格・双方向通信型ハザードマッピングセンサにより、他の高額・高機能システムに比べて簡易かつ緊急的に導入が可能です。

特徴②:平時の農業用水管理にも使用可

他の水位計や雨量計、温度計などと組み合わせることで、災害時の備えだけでなく、平時の農業用水管理にも活用いただくことも可能です。

ハザードマッピングセンサとは

ハザードマッピングセンサは、冠水センサや簡易傾斜計などを組み合わせ、広域なエリアに多数設置することで面的な水防情報体制を構築することを目的としたセンサです。 ため池防災システムでは、センサ自体の費用は無料でご提供しています。ユーザーには、センサ個数に応じた月々の通信費(1万円/台・月)のみご負担いただくシステムとなっています。

① 冠水センサ「冠すいっち」

ため池や河川堤防の天端および表法上に設置し、標準で2深度、最大3深度で管理水位を設定します。センサが冠水すると電源が作動し、即座にクラウド経由で管理者にアラートを発信するとともに、危険が迫っているため池をスマートフォンやタブレット、パソコンのマップ上に表示します。

② 簡易傾斜計「クリノポール」

土砂災害の危険箇所など、設置した地盤の傾斜を検知すると電源が作動し、クラウドを経由してアラートを発信し、マップ上で表示されます。

通信モジュールの特徴

①広い回線エリア LTE回線で都市部、山間部を問わず設置・運用が可能
②FOTA(Firmware on-the-Air)

セキュリティ対策や機器の不具合対応のファームウェアアップデートを現地に行くことなくサーバから遠隔操作で行うことが可能

③双方向通信

測定感覚の変更、状況確認をサーバから遠隔で制御

④低消費電力

eDRX(extended Discountinuous Reception)技術により内蔵電池のみで5年間持続

その他オプション

豪雨に対するため池防災対策だけでなく、必要に応じて地震時のため池堤体の安全性調査や洪水時の浸水シミュレーション、補強対策設計、ため池廃止後の跡地利用計画など、ため池に関する様々な課題に対するサービスも提供しています。

トピックス

お問い合わせ
応用地質株式会社 流域・水資源事業部

営業時間 9:00~17:00 (土日祝日除く)

  • TEL:048-652-3330
  • FAX:048-652-4031

メール:ryuiki@oyonet.oyo.co.jp