老朽化した社会インフラの長寿命化を図り、
次世代のインフラ設備を支える。

インフラ・メンテナンス

AIによる路面下空洞探査サービス

人工知能(AI)によって道路の下の空洞を高精度かつ短時間にキャッチ。自動車などの陥没事故を予防します

社会インフラの維持管理・長寿命化サービス

老朽化した社会インフラを最先端の情報通信技術(ICT)を用いてスマートに点検・長寿命化します

埋設管探査用レーダーシステム・ユーティリティースキャンスマート

地中埋設管探査に最適な軽量・コンパクトな電磁波レーダーシステムです。

流域・治水対策ソリューション

気候変動に伴う水害等の危険を予防するため、堤防強化やハザードマップ、災害監視システムなどハード・ソフトの対応策を提供しています

地盤3次元可視化による地質リスクの低減

3次元化によって、2次元に比べてはるかに多くのリスク情報を見える化します。

観光地等の交通環境最適化ソリューション

安全・快適・地域活性化への「道」、ご提案いたします。

次の100年に向けたインフラ整備

道路やトンネル、堤防といったインフラ構造物は、私たちが生活や経済活動を営む上で無くてはならないものです。しかし今、これら社会インフラの多くで建設後50年以上が経過し、老朽化が深刻な問題となっています。 少子高齢化、防災の強化、国や自治体の財政難など、さまざまな社会課題と向き合いながら、インフラをどのように維持し、整備していくのか。 OYOグループは、地球科学に関わるユニークな技術と新しい発想で、時代にふさわしいインフラのあり方を考えていきます。

地盤3次元可視化による地質リスクの低減

OYOは事業における地盤リスクを的確に判断するため、「oyo From Field !」を信念に地盤情報の信頼性を向上させる取り組みを進めています。 OYOでは、三次元地質解析技術による三次元地質モデルを様々な事業に適用してきました。 三次元地質モデルは、地盤のゆれやすさ、液状化判定、地下水の動き、土壌汚染などの解析に用いるモデルとして利用されたり、最近ではCIM(Construction Information Modeling / Management)が適用される事業にも活用されています。

もっと見る

観光地等の交通環境最適化ソリューション

自動車や人の移動履歴・走行履歴データは、ビックデータと呼ばれ、道路の渋滞箇所や交通事故危険箇所などの分析、及び道路整備効果、事業評価など、様々な分析・評価・計画立案の場面で活用されています。 OYOグループでは、これらのビッグデータを総合的かつ視覚的に分析するためのソフトウェア「PROTANAS(プロタナス)Ⓡ」を開発し、多くのお客様への技術サービスを提供させていただいております。PROTANASⓇは国土地理院の「電子国土賞2012」を受賞しています。

もっと見る

AIによる路面下空洞探査サービス

日本では現在、年間3,000件超の道路陥没が発生しています。道路の陥没で一番多い原因は、下水管や雨水管など地下に埋められた管路が老朽化です。 管の破損部やゆるくなったつなぎ目から地中に水が漏出することで周辺の地盤が削られ、陥没を引き起こす空洞が生じるためです。道路が陥没すると、人や車両が落ちて大きな事故となる危険があります。 また事故や災害など緊急時に道路が使えなくなると、消防や救急活動に大きな支障が生じます。このため国や自治体では、道路の下の空洞を検知し、陥没を未然に防ぐ対策を行っています。

もっと見る

Pick UP !!

インフラ・メンテナンス分野の関連サービス